なっちの魅力をアップのための日常ブログ!

がんばろう!

リビドーロゼでいよいよ出会い

kkkk

自分のクラスが20代の初期で、女房も同い年でした。

自分たちがいよいよ出会ったのは、球場だ。セルフはバンドを組んでいて、専属はドラムを通していました。

バンド尽力は月1くらいのペースでコンサートをする辺りでした。

リピーターなどは付いておらず、自分たちの友だちや仲間をコンサートに招待して現場にきてもらう思い込みでした。

常にコンサートをしていると、知らない夫人二人組がいて、誰かの側かなと思いながらコンサートを続けていました。

コンサートが終わった後、部員にその夫人二人組を招待したのは誰か聞くと誰も知りませんでした。

マグレ迷い混んだのかなっと見なし、その日は打ち上げを通して解散しました。

次のコンサートをする前に、現場に目を向けるとこの前来ていた夫人二人組の片方の夫人が来ていました。

自分たちの楽曲を見に来てくれているのだと思ったので、声をかけに行きました。そうなると夫人は照れていらっしゃる感じで、下部を向き、結構照準を合わせてくれません。ストレート会わないほうがよかったかなと思いながら、夫人って喋っているって「これ、読んで下さい。」って1通のお便りを渡されました。

今まで夫人からお便りをもらったことがなかったので、一瞬キョトンとしてしまいましたが、「有難う」とお礼を言って、その場から離れました。

楽屋に舞い戻り、お便りを読みました。書いてあったのは、コンサートを見て、自分に瞬間惚れしてしまった現在来てない皆さんの夫人からのお便りでした。

電話が書いていたので、コンサート終わってから連絡を取ることにしました。すると、あっちも役回りが終わったみたいで、今からどこかで会えないか?についてになりました。コンサート終わりの打ち上げを断り、夫人という巡り合うことにしました。

詰め所に先に夫人が待っていました。遅れたことを謝りながら、表通りをブラブラしました。めしを一緒に食べたり、ゲームセンターをめぐって楽しんだりしました。

その帰りがけ、ターミナルの改札でお便りのはなしをしました。「お便り有難う。そんな自分でよかったら付き合って下さい。」と言うと夫人の面構えは真っ赤に染まり、目線にも涙が溜まっていたので、はからずも、抱き締めてしまい、引き続きキスを通してしまいました。

それから10時世の時が過ぎ、今ではあんなういういしい名残もなくなった夫人が自分の嫁さんになり、寄り添ってくれていらっしゃる。

リビドーロゼをいよいよ!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 なっちの魅力をアップのための日常ブログ!

テーマの著者 Anders Norén