なっちの魅力をアップのための日常ブログ!

がんばろう!

浮腫む状態になってちょっぴり休みたい

kkkk

たくさん歩いたりすると乗り物が疲れてきてちょっぴり休みたいということは今まで何度もありました。

なので、乗り物が浮腫むという状態がどのう感じなのかわかっておらず、ザクザク歩いたときの時点と同じような痛苦だろうと思っていた時間がありました。

ただし、実際に乗り物が浮腫んでしまった時には乗り物が疲れてしまった時は比べものにならないほどにくく、これが浮腫むという状態ですと感じることが出来ました。

なぜ私の乗り物が浮腫む状態になってしまったかお話しさせていただきます。

身は過去、クリニックで働いていました。初めての夜勤のお日様に眠気との娯楽だけで回りや特不自然がない以上は昼よりも手順が少ないと思っていました。

なので、きちん睡眠をとってから初めての夜勤に向かいました。

実際にその日はスムーズに業種が進んだので特別に慌しいこともなかったので指導して頂ける先人とダイアログをしながらチャンスが過ぎていきました。

昼前、何もなくて良かったとしてきた当たりから早朝の変化に取り掛かることにしました。すると、乗り物が重くいやにだるいと感じるのがわかりました。

身はそれまでちっとも座っていたのになんでだろうと不思議に思いました。なんとなくソファーに乗り物を投げ出してさすったりしても癒える雰囲気がありませんでした。

どうにか早朝の業種を終えて帰宅しても乗り物のだるさが気になり、各回夜勤のたびにこんな気持ちになるのかって不安になりました。そこで、乗り物の浮腫みに関しまして調べてみることにしました。

わかったことは夜は本来睡眠をとるチャンスなので脇になり体調を休めます。

ただし、夜勤をやったことを通じて身は体調がずっと縦の状態になってた上に昼よりも体を動かしていなかったので乗り物に血液がたまってくるので血行が悪くなったことにより乗り物が浮腫んでしまったようです

状況がついついわかったので次の夜勤の時は陣取る時も乗り物を乗せる店を作って腰掛けるように努めました。

これだけで効果があるのかまったく心配でしたが、その日の夜勤では乗り物が浮腫むことはありませんでした。

夜勤がある業種はとても大変でしたが、多少なりとも楽にすることのできる作戦を見つけることも大切だと感じました。

やっぱラシックスを通販しようかな~

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 なっちの魅力をアップのための日常ブログ!

テーマの著者 Anders Norén